新旧交替在所难免